fushigipopの夢日記

夢日記・ボカロ・BAND・星

夢記録#7

今日の夢はオチがありませんでした。

 

やたら大きい、整備された真っ白な湊。

一角に2、3件の小さいお店があるが殺風景。

白い旅客船が停泊している。

 

ここは海が見えるわけじゃないんだけど、船が行き来するための場所。

船に乗る人が宿泊する場所があったり、単に観光で泊まりにくる人もいる

船の下に電車みたいにレールがひいてある。

 

会社の同僚が数人登場。ぶらぶらと散策している。

よくある女子の集団行動の雰囲気を出している。

でもこの湊は大きすぎるから、さすがに一人で出歩くのは寂しすぎるか

とも思われる。

 

私は別行動している。

 

同僚たちは宿泊場所に帰ろうとしているのか、近道をするために

船のホームから線路に降りて、対岸の方に移動していた。

なんと大胆な、と思った。

(線路に降りてどこかへいく人の夢は前も見た)

 

私は、テラス席があるお店の準備を誰か知らない人としている。

手慣れたわけではなく、なんだかたまたま居て、それをやっている感じ。

観光地の小さい土産物屋みたいな。

このお店の人の方が、同僚よりも親しい存在な感じがしている。

 

私はだだっぴろい白い場所で、観光してるわけでもなく、船で出発するわけでもなく

なぜかこのお店やさんに居た。そういう夢でした。おしまい。