夢記録#15

今朝の夢。

本日のバンドメンバーは紳士淑女だった。

建物でなくて、広場に簡単なステージがある。
中心人物は華奢でツンとした歌姫。
まだリハーサル中で、暗い感じ。この場に3、4人しかいない。

何かやって的な指示があり、ではこういう感じか?とゆるいラテン系のリズムで、

これを弾いた。

A→D→G→C→F→B♭→E♭

最後、ギターの一番低い音Eより低いE♭だ。
どのフォームにしよう、と考えて弾いた時に、

多分私は音を伸ばしっぱなしにした。

キリのいい8小節まであと1こだったのに。笑

そばで聞いていた、まるで歌姫の召使いのような男の奏者は

なんか困っている様子だった。

ここで最後に→E♭でなく→E(7)を弾けば曲は完結に向かい

最初のAに無事戻ってくる。

ルート音だけの法則性(4度進行)を考えてE♭を弾くと、次はA♭にいくから

まだ終われない。

書きながら思ったけど、私は終われないE♭で伸ばしたから、困られたんだ!
うける。笑

 

サークルオブ5thという、12の音名を5度ずつ書いて円にしたものがありますが、

難しい音楽だけでなく、ポップスするときも大事です。

というか俺は気にしないぜとか、はみ出してやるぜと思っても、

現代日本の普通の聴覚がこれに支配されているのです。

和音の進行としてEで終わると、このサークルオブ5thの半分強までしかいきません。

ルート音の4度進行としてE♭にすると、円になるまで、半分弱残ります。

でもこっちでは、歌姫が歌うには実験的すぎます。

(間をとってE△7にしたら、どんな響きだろう。)