fushigipopの夢日記

夢日記・ボカロ・BAND・星

夢記録#17

今日の夢。

4人組バンドのステージを見ていた。ギタリストはリアルに友達だった男の子で、
いつもの調子で弾いている。
音が聞こえる夢だった。
もう終盤なので、勢いはいいが端々が雑である。笑
フリーのソロのパートがやけに長く、ミニマルなフレーズを繰り返すため次に繋げづらくなってて
コミカルだった。
 
小規模ライブハウスだが、お笑いライブ風に席があった。
私は観光客みたいに座っていた。
中央左寄りの席から、友達と見ていた。バンドの人が演奏中に、「みんなー
7時のバスに乗り遅れないでねー」と言う。
今4時だからあと3時間、余裕だねと友達と話した。
 
次の場面はお土産を買っていた。
でも別にいらないんだ。笑
もう帰らなければいけないことを寂しく思っていた。
帰りの足はバスでなく、なぜか自家用車に乗っていた。時間的に
カーステで4曲くらい曲が聴けるが、そのうちの1曲で泣きそうだった。
感動的な音楽。例えるなら、花は咲くみたいな。
(でもこの曲メロディが好きじゃないの。笑)
車は見覚えのある畦道を走り、さっきのライブハウスを横目に
何もないところへ向かった。
ライブハウスの外壁にたくさん、幾何学な形のギターが掛かってるのが見えた。 
 
----
考察☕
7時に間に合うように、というのが一番面白く思いました。
まるで夢の中にいることを知っていて、朝7時には起床しろーと言われているかのようです。笑