fushigipopの夢日記

夢日記・ボカロ・BAND・星

夢記録#16

今日の夢。(2017/9/5)
学校に行った。エレベーター付きだけど、古い校舎。
ふとんが座席がわりで、MYフトンが1人1枚ある。
教室を移動する時は各自もっていく。
教室は、授業待ちで薄暗い。始まるのかどうかわからなくて、段々フトンの数が減ってった。なので前につめてみた。

場面は変わり、学校の近くのお店で大きいピアノを買った。
買ったはいいが、学校のエレベーターに乗るかな?申請面倒だなぁと思った。
そのピアノは、ピアノと家具のハイブリッドみたいなもので、木目調だった。
シンプルかつとっぴな形。誰考案?
 
そのうち、お店の子供たち3人が寄ってきて、いたずらかサービスかわからないが、
私の顔にペイントした😣
嫌がったけど顔に粉っぽいものが塗られていく。
幼いのにがたいのいい男の子が私を引っ掴み、気合いで塗ってくる!
こういう時だけリアルな体感。
口の中も何か塗られた💦
子供達の顔をみると、既におしろいだらけに塗ってあった。ちょっと歌舞伎みたい。
 
次の場面。
バスの一番後ろの席に、幼ななじみの友達と座っている。
リアルにもう会わないかもしれない友達だ。
友達がウトウトしてるから、何かいじわるしようかな?という心境。
 
そして起床寸前、スーパーに寄った気がした。
現実だとどのお店に近いだろう?成城石井かな・・・
ワインが置いてありました。
帰宅用バスに乗った後、起きないで寄り道してるのは初かも。
おしまい。
 
____
考察☕️
現実の私は、いじわるしようかな?とか100%思わないタイプなのに、
夢だと人格が違うのが不思議なところです。
 
夢に起承転結がないのは、時間の流れに沿わないからだろうか?
Random access memoryなんだろうか。
時間の流れによる「因果関係」と「脈略」を、別モノとして考えられるのかも
しれない。
いっぺんに見ているけど、記憶に変わる時に並べてるんだろうか。
(それってどういうこと・・)